Googleアナリティクスの機能を使えば、サイト訪問者が検索していたキーワードが調べられます。ただし、自然検索からの流入キーワードを調べるには、サーチコンソール(Search Console)との連携作業が必要です。

このページでは、Googleアナリティクスを使った流入キーワードの調べ方や、キーワードに関するデータを活用するポイントについて解説します。企業のWeb担当者の方や、個人で運営するWebサイトなどを分析したい方はぜひ参考にしてください。

自然検索からの流入キーワードをGoogleアナリティクスで調べる方法

Googleアナリティクスの画面左側メニューから、「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」の順に選択しましょう。

アナリティクス左メニューから検索クエリを選択

画面に「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります。」と表示された場合、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携が済んでいません。分析したいWebサイトにサーチコンソールを導入し、Googleアナリティクスと連携させてください。

Search Consoleの連携が済んでいない場合の画面

連携が完了していれば、自然検索からの流入キーワードが「検索クエリ」の列に表示されます。この画面では流入キーワード別のクリック数や、表示回数、クリック率、平均掲載順位を見ることが可能です。

流入キーワードに関する画面の見方

「検索クエリ」の画面で表示されるデータには、それぞれ次のような意味があります。

流入キーワードレポートの各データの意味

(1)クリック数
Googleの検索結果画面において、該当のキーワードでWebサイトがクリックされた回数です。

(2)表示回数
Googleの検索結果画面において、該当のキーワードでWebサイトが表示された回数です。

(3)クリック率
該当のキーワードにおける、表示回数に占めるクリック数の割合です。クリック率が高いキーワードは、検索ユーザーの興味度も高いと考えられます。

(4)平均掲載順位
Googleの検索結果画面において、該当のキーワードでWebサイトが表示された順位の平均です。平均掲載順位が高いほど、より多くのアクセスが見込めます。

流入キーワードを調べるだけなら「サーチコンソール」でも分析できる

サーチコンソールの画面からも、自然検索からWebサイトへの流入キーワードを調べることが可能です。サーチコンソールの画面左側メニューから、「検索パフォーマンス」を選択すると、「クエリ」のタブで流入キーワードごとのデータが表示されます。

Search Consoleの画面

表中の「クリック数」と「表示回数」の列は、Googleアナリティクスに表示されるデータと同じ意味です。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いは?

Googleアナリティクスとサーチコンソールでは、流入キーワードに関するデータをどこまで詳しく分析できるかが異なります。

Googleアナリティクスはアクセス解析用のツールのため、流入キーワードごとにサイト訪問者に関する詳しいデータを分析することが可能です。

一方、サーチコンソールはGoogle検索に関する情報の管理ツールのため、クリック数と表示回数以外の細かなデータは分析できません。

流入キーワードが大まかに把握することが目的なら、サーチコンソールに表示される情報をチェックするだけでも十分です。Webマーケティングやサイトコンテンツの改善に役立つより詳しいデータを分析したい場合は、Googleアナリティクスを使用しましょう。

流入キーワードのデータを活用するポイント

Googleアナリティクスで調べた流入キーワードに関するデータは、表示順位やクリック率の改善に役立てることができます。Webサイトのタイトルや説明文、コンテンツなどを変更した際に、流入キーワードに関するデータが有用です。

ここでは、流入キーワードのデータを活用する際のポイントを紹介します。

クリック率が低い場合はページのタイトルを見直す

アメリカの大手テクノロジー企業SISTRIX社の調査データによれば、Google検索結果の1ページ目にWebサイトが表示された場合の平均的なクリック率は次の通りです。

掲載順位 クリック率
1位 28.5%
2位 15.7%
3位 11.0%
4位 8.0%
5位 7.2%
6位 5.1%
7位 4.0%
8位 3.2%
9位 2.8%
10位 2.5%

(引用:SISTRIX「Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid」

上記はあくまでも目安の数字となりますが、自社サイトのクリック率が上記よりも低い場合は改善の余地があります。

たとえば、Googleアナリティクスで特定の流入キーワードの平均掲載順位が3位で、クリック率が11.0%を大きく下回っているなら、ページタイトルの見直しが必要です。ユーザーの検索ニーズにあわせて、ページタイトルを改善できないか検討してみましょう。

施策を行った前後でデータを比較し、効果を検証する

タイトル変更などの施策を行ったら、施策の前後におけるクリック率や平均掲載順位の変化をチェックすることがポイントです。

たとえば、タイトルを変更したことによりクリック率が向上していれば、Webサイトの改善は成功といえます。

一方、タイトルを変更したにもかかわらずクリック率が悪化していたり、平均掲載順位が下がっていたりした場合は、一度元に戻したうえで改めて対策をすることが重要です。

また、施策の成否にかかわらず、なぜ成功したかや、なぜ失敗したかといった要因を考える必要があります。1つの施策から成功要因や失敗要因を学べば、以降の施策における精度を高めることが可能です。

改善施策とデータのチェックは常にセットで行い、Webサイトを改善するためのノウハウを蓄積していきましょう。

表示回数やクリック数の多い流入キーワードから優先的に対策する

表示回数の多い流入キーワードでクリック率が高まれば、より多くのアクセスを集めることができます。

たとえば、自社のWebサイトで1週間に100回表示されているキーワードAと、10,000回表示されているキーワードBがあると仮定しましょう。

サイトタイトル変更などの施策でクリック率が3ポイントアップした場合、キーワードAでは3クリックしかアクセス数が増えません。

一方、キーワードBでは300クリックもアクセス数が増えます。つまり、表示回数の多いキーワードほど大きな成果を得ることが可能です。

同様に、クリック数の多い流入キーワードほど、コンバージョン率を改善した際の効果が大きくなります。

そのため、流入キーワードのデータをもとにWebサイトの改善施策を行う場合は、表示回数やクリック数の多い流入キーワードを優先しましょう。

まとめ Googleアナリティクスで流入キーワードをチェックしよう!

Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携すれば、自然検索からWebサイトにアクセスしたユーザーの検索キーワードが調べられます。Googleアナリティクスで表示できる流入キーワードのデータは、表示回数やクリック数、クリック率、平均掲載順位などです。

流入キーワードに関するデータは、Webサイトの改善に役立てることができます。クリック率が低い場合はサイトタイトルを変更し、施策の前後におけるデータの変化について検証しましょう。

Webサイトを運営している方は、今回の内容を参考に流入キーワードを調べ、表示回数やクリック数の多いものから改善施策を行ってみてはいかがでしょうか。